新約聖書(新共同訳)フリップバック装 (日本聖書協会)

 

ニューヨーク在住のクリスチャン日本画家マコトフジムラさんによる美しい装丁の新約聖書。

「Golden Sea」を表紙にあしらったアーティスティックな超小型版(スマホ・サイズ)。

片手で持って、ページを上に開いて読みます。

 

 

グレースシティ特価: ¥2,200円

 

 

恵みに生きる訓練 (いのちのことば社) Discipline of Grace

 

ジェリー・ブリッジズ Jerry Bridges 

 

恵みに生きる訓練」は福音について明確に教えるとともに、恵みに基づく生き方も明らかにしています。とかく義務や責任が動機づけとなりやすいのですが、本書は福音の恵みが信仰に導くだけではなく、同じ恵みがキリストにある成熟へと導くことも探求しています。恵みを深く知ると、神の性質や赦し、聖霊についても学ぶことができるでしょう。

 

グレースシティ特価: ¥2,000円

 

 

イエス入門 (新教出版社) Jesus: A Very Short Introduction

 

リチャード・ボウカム Richard Bauckham

 

イエスは時代や文化を超えて人々を魅了し続けています。キリスト教や教会に幻滅を抱いても、今もなおイエスは絶えず多くの人々を引きつけます。聖書学者である著者は、福音書が目撃者の情報をもとに書かれた信頼できる資料であることを示しつつ、神の国をもたらしそのメッセージを伝えた神の子であり王であるイエスを丹念に描いています。

 

グレースシティ特価: ¥1,600円

 

 

 

共に生きる生活」(新教出版社) Life Together

 

ディートリヒ・ボンヘッファー Dietrich Bonhoeffer

 

「共に生きる生活」は、ナチズムに反対して1945年に殉教したボンヘッファーが、地下神学校におけるユニークなコミュニティライフを通して経験した実践的な洞察を与えてくれます。キリストにあって共に生きるとはどのようなことなのか、個人的な祈り、共同の礼拝、日々の仕事、クリスチャンの奉仕などを学ぶことができます。

 

グレースシティ特価: ¥1,300円

ライオンと魔女―ナルニア国ものがたり〈1〉 (岩波少年文庫)

 

C. S. ルイス

 

4人兄弟が、古い屋敷の衣装ダンスから別世界の国・ナルニアに引き込まれるファンタジー。子供たちは不思議なライオン、アスランに導かれてナルニアを支配する白い魔女と戦います。『ライオンと魔女』をはじめとする「ナルニア国ものがたり」は聖書を下敷きにしているので、大人も子どもも楽しみながら福音を発見できます。

 

グレースシティ特価: ¥1,100円

消え去らない疑問 (いのちのことば社)

 

フィリップ・ヤンシー

 

悲劇と痛みに満ちているこの世界で、神は何をしているのか?大きな悲劇に見舞われた三つの地を取材し、著者自身が何十年も生涯のテーマとし、何度も立ち戻ってきた「痛むとき神はどこにいるのか」という疑問に再び向き合う。2012年、東日本大震災から丸一年経った被災地を訪れた著者が、精魂こめて書き上げた注目の一冊。

 

グレースシティ特価: ¥1,100円

偽りの神々

 

著者・訳者など:ティモシー・ケラー

 

ニューヨークのリディーマー長老教会ティム・ケラー牧師による邦訳第2弾!私たちの人生の最も深い問題である「偶像=偽りの神々」について取り扱う異色の書。「偶像とは…あなたが神よりも重要だと見なすもの、あなたの心と思いのすべてを吸収するもの、そして、あなたが神からしか得られないものをそこから得ようとする、すべてのものを指します。」人生を新しくしたいと願っているすべての方にお勧めします。同じ著者による「放蕩する神」(いのちのことば社)もお勧めします。同書はルカ福音書15章にあるイエスのたとえを解説して、キリスト教の中心的メッセージである福音が何であるのかを明らかにしています。