2015夏のオススメ読書

5-Aug-2015

 

夏休みはいかがお過ごしでしょうか?

グレースシティチャーチでは、以下の本を夏のオススメ本としてご案内しています。夏休みに1人静まって読書にふけるのはいかがでしょうか?

 

 

1.ティモシー・ケラー「結婚の意味」(いのちのことば社)

Timothy Keller, The Meaning of Marriage

(結婚:葛藤する現代人に贈る福音的な結婚観)

                                      【グレースシティ特価1,800円】

結婚について考えたいすべての人におススメする深く実践的に学べる書。ティム・ケラー牧師の最も人気のある説教シリーズに基づく結婚観に関するガイドブックです。現代人が抱いている結婚の幻想や誤解を解体しつつ、聖書が教える夫婦像をキリストの福音によって再構築してくれます。ケラー牧師夫妻の経験も随所にちりばめられていて興味深い。自分に最もふさわしく理想的な結婚相手を探している人には「目からウロコ」の読書体験となるでしょう!

 

 

2.内村鑑三「ぼくはいかにしてキリスト教徒になったか」(光文社文庫) 

Kanzo Uchimura, How I became a Christian

(証し:日本社会に最も影響を与えた伝道者のライフストーリー)

                                      【グレースシティ特価900円】

日本のキリスト教史において最も重要な伝道者、思想家の一人、内村鑑三による回心と信仰の証し。彼がどのようにキリストに出会って回心し、日本やアメリカの社会においてどのように葛藤しながら成長していったのかをたどることのできるライフストーリーです。現代語による新訳が出版されたのでおススメします。

 

 

3.J.I.パッカー 「聖書教理がわかる94章」(いのちのことば社)  

J. I. Packer, Concise Theology: A Guide to Historic Christian Beliefs

(神学:聖書的な信仰の教え「キリスト教教理」の簡潔なイントロダクション)

                                      【グレースシティ特価1,800円】

 教理や神学は難しくて読むのも退屈と考えているなら、本書をどうぞ!聖書が教えるキリスト教教理をテーマごとにコンパクトに解説しているので、興味のある神学的なテーマをピックアップして学ぶことができます。本書は広大な「森」のような聖書を理解するための「地図」の役割をして、あなたの聖書の学びを道案内してくれることでしょう。

 

 

4.マックス・ルケード「たいせつなきみ」(フォレストブックス)  

Max Lucado, You are Special (Wemmicks)

(子どもの絵本:創造主である神の愛を温かく描く傑作絵本)

                                      【グレースシティ特価1,600円】

 他の人との比較や競争にさらされてアイデンティティを失いやすい子どもたちの心にやさしく語りかける絵本。木でできた小人のウィミックスたちが夢中になっていたのは、「お星さまシール」をもらうこと。だめじるしシールばかりをはられたパンチネロは、外に出るのもいやになってしまう毎日。そんな時、どちらのシールもはられていない不思議な小人ルシアに出会う。大人たちも楽しめる「ヤングアダルト版」もあります。プレゼントにも最適。

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Featured Posts

女性たちの祈り会 Women's Prayer Gathering Vol.4

11-Nov-2019

1/7
Please reload

Recent Posts